妊娠中

高島平クリニックでの無痛分娩〜出産レポート〜

無痛分娩を選択してから、絶対に書くと決めていた出産レポートです。
日本ではまだまだ「お腹を痛めてこそ出産」という考えの方が多く(本人がそう思うならぜんぜん良いのですが)、周りにいる無関係の人々(旦那さん、両親義両親、親族、友達etc…)からのそういった意見で自然分娩を選択する方も多いようです。

でも、やってみて分かったけど、出産ってシャレにならないほどのダメージです。
無痛分娩でラクして産むなって?お腹を痛めて産まないとこどもを可愛がれないって??
そう思う方は無痛分娩でいいので、同じ痛み体験してみて欲しいです。

無痛でも充分痛いし、こども可愛いですから!!!!!!!!

前駆陣痛から本陣痛へ

というわけで、少し間が空いてしまいましたが、前回の前駆陣痛の続きのお話です。

終わりのない地獄の前駆陣痛開始 [39w6d]こ、こんにちは…💀 明け方5時くらいからほぼぶっ続けで生理痛レベル8.5(MAX:10)くらいの前駆陣痛が始まりました、、、:(;...

ちょうどあの後(6/26の19時すぎ)から、お腹が痛くなる間隔が10分を切りました。でも、時間は相変わらずバラバラ。ちなみにこのときの痛みのレベルは、耐えられる限界値のギリギリくらい。

さすがにこれ以上耐えきれないし、病院に電話して指示を仰ぐことに。

🤰🏻「時間はバラバラなのですが、痛みの間隔が10分を切りました。これでも前駆陣痛なんでしょうか?あとめっちゃ痛いです。」

👩🏻‍⚕️「10分を超えないのであれば、本陣痛と判断します。ご本人が耐えられない痛みというのも本陣痛との判断です。歩けなくなる前にすぐ病院に来てください!」

🤰🏻「キ、キターー」

というわけで入院バッグを持って旦那さんと病院へ!ちなみに陣痛タクシーに登録していた私ですが、待ってる時間がなかったので家の前にいる普通のタクシーで病院へw破水してなかったしね!でも万が一に備えてペットシーツをお尻の下に敷いて乗車しました🐶

ちなみにここまで破水、粘液栓、おしるし何もなし。

いざ、無痛分娩。

6/26 22:40ごろ

病院に到着しました。
この時、陣痛は3〜4分間隔。

通された個室。かわいい。

個室に通され、着替えと尿検査をしました。

ここが陣痛室ということらしく、分娩前までこのお部屋で過ごしました。ちなみに分娩後は別の部屋へ移動しました。

23:00ごろ

ベッドに寝かされ溶連菌の抗生剤を点滴。
手首らへんにぶっとい針を刺されて半泣きでした。動かすだけで超イタイ😂

30分間くらいNSTで様子を見る。
ここで陣痛が5分間隔にもどるw
病院つくと安心してもどる人もいるらしい。。やめてよ。。

6/27(予定日)0:00ごろ?

無痛の麻酔が始まると内臓がうごかなくなるので、麻酔を入れたら絶飲食だと告げられる。(生まれてすぐから解禁!)

最後の晩餐に、持ってきた出産のマストアイテム『ウィダーインゼリー(鉄分)』をちゅーちゅーする。

この頃から陣痛のレベルが格段にアップ。
旦那さんに腰をさすってもらわないと生きていけなくなる。
耐えられる限界値を3つくらい越えた感じ。

1:12

子宮口4.5cm。麻酔開始OKでたー!
やっとこの痛みから逃れられる…!!!!

その間にも襲ってくる強烈な痛み。
耐えられる限界値を10くらい越えてる。。。
頭の中は「無痛分娩なのにMAX痛いやんけ😂😂😂」でいっぱいでしたw

例えるなら包丁でお腹をめった刺しされてるような痛み🔪それが数分感覚で休みなく襲ってきます。誰ですか無痛分娩でラクして産むなって言った人は…無痛分娩だって麻酔入れてOKなタイミングまでは痛いんだよ分かったかッッ😭🗯
※痛みは人によりますw

1:45ごろ?

学先生が駆けつけ、麻酔開始。
点滴の針を通すため、背中を丸めさせられる。お腹がまん丸なのに背中を丸めて膝を抱えるよう言われてめちゃ苦しかった😅
針を刺す痛みは特になし。背中に針なんて怖かったけど、手首の点滴の方が2億万倍痛かったわ。そして陣痛はその4兆倍くらい痛い😇👍

2:00ごろ?

麻酔が左側だけ効く事態。
左足だけぽんやりしてきた。
陣痛くるとお尻と右腹だけMAXで激痛(´;н;)
は、話が違くないですか、、、、

2:30

麻酔追加。やっと効いてきた。
助産師さんに見てもらったら、突然の子宮口7cm?!

ペースが爆速なので「そりゃ痛いわ」と言われる。麻酔が効いてないから痛いっていうよりは、絶叫レベルの痛みが麻酔の効きを上回るすごいスピードで来たらしいです。。

早めに麻酔入れられて良かったとのこと。予想外のスピード感と言われる。しかも麻酔を入れると陣痛が遠のいてしまうことが多いのに、私の陣痛はちゃんとペースを上げてきていた…偉い👏

3:00ごろ?

陣痛がくると右の胸の下(あばら?)がめちゃくちゃ痛い。それ以外は痛みなし。
学先生に訴えると、どうやら無痛分娩の麻酔は左右差が出てしまう事があるらしい。。

麻酔は下にある部位によく効くらしく、右側を下にして横向きに寝ると良いかもとのことで、そうしてみると本当に痛みが和らぐ😂🙏学先生ありがとう…

旦那さん曰く、ここで少し寝てたみたい。
「麻酔してない人が泣き叫ぶくらいの痛みがいま来てます」と説明されたので、眠れるくらいの痛みに抑えてくれてるんだなぁ。。

このへんから無痛分娩を選んで良かったという気持ちに。というか無痛以外ムリだよ死ぬわwww

6:30ごろ?

子宮口全開!!ついに分娩室へGO!
麻酔が効きまくってるので立てず、車椅子で移動することに(人生初)。

車椅子への移動もかなりしんどくて(麻酔で足に力が入らない)助産師さんと旦那さんに抱きかかえられる感じで座らされるw

👩🏻‍⚕️「ストレッチャーにすれば良かった…」

🤰🏻「重たくてほんまにすまん」

🙆🏻‍♂️「ヨユーだぜ!!」

分娩台への移動も旦那さんが頑張ってくれてなんとかなりましたw

分娩台へ移動してから、痛くなってきたので再び麻酔追加。
陣痛に合わせていきみ始める。

助産師さんがめちゃいいひとでやりやすかった。。。ちなみにこのとき分娩室には助産師さん1人だけ。先生は重要なときだけ来るスタイルなのね。

張りのメーターをみながらいきむ。でも、麻酔でどこに力を入れていいのか分からず、さらに麻酔が効いていない右腹の肋骨あたりの痛みがヤバすぎてうまくいきめない。。

7:00ごろ?

人工被膜で破水。

途中、赤ちゃんの心拍が不安定になることがあったので学先生降臨。酸素マスクをつけられる(人生初)

最後の方は麻酔入れてもらったものの効きが弱くてめちゃくちゃ痛かった😱😱😱
無痛やる予定の方、麻酔の追加はお早めに・・。

8:00ごろ?

日勤の助産師さんたちが2人ほど入ってきてくれる。
麻酔で踏ん張れない足をみんなに抑えてもらいながら、「がんばれー!」って応援されながらいきみました。みんないいひと(´•̥ ω •̥` )

旦那さんも「頑張れ頑張れ」って頭や肩をさすってくれてホッとした・・!立ち会いにして良かったです😢💗そうこうしているうちに、「もういきまないでいいよ!!!!」とのお声が!

8:29

「赤ちゃん、出ますっ…」の声と同時に足の間からふさふさの頭が登場😭😭😭
やっとおわったーーー!!!!(疲れ果て)

Hello,World!

1滴だけ感動の涙でたけど、ほんとにおまたから人間でてきたことがビックリすぎてすぐ止まってしまったw

実は妊娠中、臨月ですら「ほんとに赤ちゃん入ってるの…?何かの間違いだったりして?」と疑っていた私w実際にニンゲンがおまたから出てきてやっと、子供を妊娠し出産できたことを心から実感できたのでした。

分娩後…

赤ちゃんを拭いてもらったりしてるうちに会陰縫合。マッサージの甲斐あってか、ずいぶん伸びたらしく、傷は浅いとのこと。ただ、切開じゃなくて裂けたんだよね、、、いまだに痛いです(現在産後1週間)
ちなみに糸は溶ける糸だったよやったぁ😂😂😂抜糸がないだけでかなり嬉しい〜!!

そのあと入院する部屋の準備ができるまで2〜3時間ほど分娩室で親子3人にしてくれる。写真撮ったりお菓子つまんだりしました。
旦那さんにオニギリ買ってきてもらったんだけど、麻酔で起き上がれないため食べられず😭ジャガビー食べてました。

ここでやっと我が子を抱かせてもらったけど、あったかくてやわらかくて超絶可愛い〜😍💕こんな大きいのがお腹に入っててしかもお股から出てきたなんて信じられないけど🙄

好きな人と結婚できただけですごいのに、さらに子供が産まれたなんて、こんなに幸せなことはないですね(*´∨`*)♥️♥️♥️
10ヶ月間がんばって本当に良かったなと思いました!!

無痛分娩にして良かったかどうか

いろいろ痛みもありましたが、わたしは無痛分娩にして良かったと思いました。
少しの時間ですが陣痛の痛みも経験し、麻酔なしでアレを乗り切るなんて私には到底ムリだからです。
第二子を授かることがあれば、そのときも絶対に無痛分娩を選択します‼️

というわけで出産レポはここまで。
今度は時間あるときに高島平クリニックの入院レポも書く予定です☺️

→書きました!
持っていって良かったもの、良くなかったものやレストランのような病院食などを紹介しているのでぜひ読んでみてくださいね!

高島平クリニックでの無痛分娩〜入院レポート〜高島平クリニックで無痛分娩を終えて、病院でどのように過ごしたかの入院レポートです。 実際入院しないと想像がつかない部分が多いと思うので...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください